サービス・業務案内

各種サービス

ボート免許更新・失効・再交付・訂正

費用と必要書類について

ボート免許(小型船舶操縦免許証)の更新手続きは5年ごとで、有効期限の1年前から更新できます。
自動車運転免許と違い、更新案内の通知状は発送されませんので注意が必要です。

費用
更新 更新手続き 9,800円(郵送料込み)
(内訳) 講習受講料 3,340円 身体検査 730円 運輸局印紙代 1,350円 海事代理士手数料 4,380円
失効 失効再交付手続 16,000円(郵送料込み)
(内訳) 講習受講料 8,060円 身体検査 840円
運輸局印紙代 1,250円 海事代理士手数料 5,850円
再交付(紛失) 失効紛失 18,000円(郵送料込み)
(内訳) 講習受講料 8,060円 身体検査 840円 運輸局印紙代 1,250円 海事代理士手数料 7,850円
訂正 訂正 5,250円
(内訳) 運輸局印紙代 1,250円 海事代理士手数料4,000円 (紛失、毀損の同時交付は、別途2,000円)

必要書類
(1) 操縦免許書コピー 1通
※再交付・訂正は9ヶ月以内
(2) 住民票 1通 (本籍記載・6ヶ月以内発行のもの)
※再交付・訂正・8から始まる免許番号の方・必要です。
(3) 本人確認資料のコピー 1通 (自動車免許証、又はパスポート)
※再交付の場合のみ
(4) 写真
(縦4.5cm×横3.5cm)
2葉 (正面・上半身・無帽・無背景、6ヶ月以内に撮影)
(5) 委任状
(※委任状ダウンロード)
1通 (印鑑必須、三文判でも可)※シャチハタ不可!
(6) 滅失顛末書
(※顛末書ダウンロード)
1通(免許証紛失の場合)※印鑑は委任状と同じもの
(7) 講習申込書
(※申込書ダウンロード)
1通
※お申込の際は、ご希望の更新・失効の講習日時・会場をお選び下さい。


手続きの流れについて
1.講習日程日の選択 有効期限までの講習日程を選択し申込み。 (申込フォーム又はFAXで)
2.必要書類の郵送 当事務所から連絡後、写真2枚、操縦免許証のコピー、住民票を郵送。 ※操縦免許証紛失の場合は 本人確認の書類 (運転免許証、保険証などのコピーが必要です。)
3.料金のお振込 必要書類到着後 、振込口座と講習の詳細をお知らせします。 振込確認後、受講申込み完了のお知らせを致します。
4.講習の受講 講習会場に操縦免許証を持参して受講。 (操縦免許証は、会場で回収されます。)
※免許更新中に船舶を操船される方は返納確約書 (別途料金2,000円) (新免許証到着後、古い免許証を速やかに運輸局に返納しなければなりません。)
5.新免許証 10日前後に、新免許証がご自宅に郵送されます。

身体検査について
身体検査は、視力、聴力、眼疾患、疾病および身体機能の障害の有無について行います。 身体検査に合格しないと講習を受講できません。 眼鏡や補聴器が必要な方は、必ず準備してください。

検査項目及び合格基準
各眼0.5以上又は一眼が0.5に満たない場合でも他眼の視野が左右150度以上であり、かつ、0.5以上であること。 聴力 5mの距離で話声語が聞こえること。 話声語の弁別ができない方は、検査器具により汽笛音が聞こえること。(補聴器使用可。) ※話声語:机に向かい合い、話をして相手に理解できる程度の普通の大きさの声音 眼疾患・疾病 質問や観察によってこれらがないか、あっても軽症であること。 身体機能の障害 質問や手足の屈伸運動によってこれらがないか、あっても軽症であること。

・更新講習 1時間30分
・再交付講習 3時間
 
〒597-0071
大阪府貝塚市加神2-18-12
電話:072-423-6200
FAX: 072-423-6621
海事代理士登録 近畿運輸局
— 海旅第712号

所属団体 社団法人 日本海事代理士会

保有資格 海事代理士・四級海技士
(内燃機関)・五級海技士(航海)
一級小型船舶操縦士・第二級海上特殊無線技士・第四級アマチュア無線技士
ボート免許 ファックス申込書
委任状
操縦免許 受講申込み 更新
操縦免許 受講申込み 失効
滅失顛末書
返納確約書
海技士身体検査証明書
委任状海技試験申請
海技士国家試験申請書
乗船履歴証明書
 
 


ホーム  |  サービス・業務案内  |  会社概要  |  お問い合わせ  |  申し込み  |  ダウンロード
小型船舶免許の取得、海技士免許・小型船舶操縦免許の(更新・失効・再交付・訂正)、小型船舶検査、その他海事法令の申請手続きなど
Copyright © 2012. ICHIKAWA MARINE PROCEDURE OFFICE All Rigth Reserved.